雲が多い金曜の夜に冷酒を

「カレ」のことを特別に考えている人って、たくさんいるんだろう。今までしてきた経験や先入観みたいなのが、「生徒」と結びついてしまうことも、あると思うんだよね。

悲しそうにダンスする彼女と突風

今日は、梅雨があけてから初めて大雨になった。
餌釣りの約束を釣り仲間としていたが、雷が鳴っていたので、さすがに危なくて行けない。
あとで外を見たら、雨がやんだので、やはり行ってみるということになったのだが、釣りに行く道具の準備をして、行ってみたけれど雨が降ってきた。
雨が止んだことにより釣り場に来ていた釣り人が、あせって釣りざおなどを車にしまっていた。
餌を買って用意していたのに残念だった。
天気のよい休みにと言って道具を片づけた。
明々後日からは晴れそうだ。
その時は、次こそ行こうと思う。

一生懸命熱弁する兄弟と俺
会社員だったころ、なかなか辞職するきっかけがこなかった。
かなり辞職したかったわけではないから。
もう情熱がなかったのかもしれない。
だけど、その時、しっかり辞めると口にした。
そんな日に何でか、入社当時からかなり怖いと印象を抱いていたKさんが、話しかけてきてくれた。
会話の途中で、全然気持ちを知るはずもないKさんが「この会社、大変だよね。おまえはあと少し頑張れるよ。」と言ってきた。
なぜか泣き顔になった。
これも何かのきっかけだと思い、会社の帰りに、採用担当に辞職を撤回してもらった。

一生懸命自転車をこぐ妹と月夜

お盆やすみでも生家から外れて定住しているとあまり実感することがないが、せめて、仏前のお菓子くらいはと思い里方へ送った。
本家に居たら、香を握りしめて祖霊のお迎えにおもむいて、お盆やすみの終わりに送り届けに行くのだが、別れているので、そう行動することもない。
隣近所の人たちは、線香を握って墓に行っている。
そのような様子が目に触れる。
日常より墓の近辺にはたくさんの乗用車が路駐されていて、人もたいそう多く視野にはいってくる。

じめじめした仏滅の夜に外へ
新人の頃、知識がなく、大変なトラブルを起こしてしまった。
罪悪感を持つことはないといってくれたお客さんたちに、お詫びの方法も思いつかず、涙が出てきた。
お客さんが、高そうなコーヒーをどうぞ、と言いながらくれた。
間違って2個オーダーしちゃったんだ、と話しながら全く違う飲み物2つ。
高身長で、細身で、とても親切そうな表情をした男性。
嬉しかったな、と思い出す。

雹が降った平日の早朝に冷酒を

業務で着るスーツスカートを購入しに来た。
コムサでモード等フォーマルなお店もいいな〜と悩んだけれど天神コアも良いと思う。
若々しくて活発な女性向けのファッションビルで、体のラインが出る製品が多数。
価格は店舗によっての差が表れるが、大体はお手頃。
店を選び、製品を探していたが、細身の物ばかり置かれていた。
着てみると、ちょっとは都会的に見える気がする。
良いショッピングが達成できて、とってもハッピーだった。

薄暗い大安の午後に読書を
いつも、Eくんから送られるE−MAILの内容は、何が語りたいのかほとんどわからない。
飲んでても酔ってなくてもよく分からない。
しかし、Eくんが仕事の一環で書いたという、会社の商品の梅干しに関してと、募金に関する文書を読ませてもらった。
まともな文書を書くことが出来るんだ!と思って、驚いた。

気どりながら熱弁する先生と紅葉の山

行ったことはない、だけど、しかし、夜の暗さの中での動物園は、夜行性の動物が大変動いてて昼とは違い眺めていて満足できるらしい。
知ってはいても、昼間ではない動物園は見に行ったことがないけれど、子供がもうちょっと動物をこわがらないようになったら行ってみようと思っている。
もうちょっとわかるようになったら、間違いなく、娘も笑ってくれると思うから。
昼の動物園と異質の雰囲気を私もきっと楽しめると思うので見てみたい。

のめり込んで走る君と濡れたTシャツ
少年は真夜中の三時に眠りから覚めてしまった。
夏休みに入って2週間くらいたった夏の夜のことだった。
暑さと湿気で寝苦しく、目が覚めてしまったのだ。
扇風機は部屋の空気をかき混ぜているだけで、ちっとも涼しさを感じない。

眠れないし、お腹も空いたので、少年は大好きなカレーを作り始めた。
冷蔵庫の中を確認し、野菜と肉を取り出し、炒めたり煮込んだりした。
夜が明けそうな時間には、家中に芳ばしいカレーの香りがしてきた。

余裕で熱弁する母さんと冷たい肉まん

某有名芸能人が電撃引退するので、ネットやニュースで多く報道しているが、めちゃめちゃすごいです。
次期総理がどういった人になるかっていう話より報道では順序が前だったし。
どのような人が日本の首相になっても変化しないと思うのもものすごく存在するし、そんなことより有名司会者が芸能界を電撃引退というのが影響がでそうなんですかね。

余裕で走るあなたと草原
ここ最近、腹の脂肪を増やさない様にと考え毎晩、筋トレをしている。
娘を俺のお腹にのせて回数を声を出し数えながら筋トレを行っていたら、わが子とのコミュニケーションにもなって、子供も一から数を習得するし、俺の見苦しい脂肪も減るし、ベストなやり方だと考えていたけれど、始めは、数を言いながら小さなわが子も嫌になったのかやらなくなってしまった。


PAGE TOP

「カレ」のことを特別に考えている人って、たくさんいるんだろう。今までしてきた経験や先入観みたいなのが、「生徒」と結びついてしまうことも、あると思うんだよね。
Copyright (C) 2015 娘は明日に向かって走る All Rights Reserved.