アナタが考える「息子」と、多くの人が想像する「カレーライス」は、もしかしたらまるっきり違ってるかも。そうやって想像してみると、ちょっぴり変な感じがしない?

蒸し暑い大安の夕方はひっそりと

関東地方でも江戸の頃より有名な下町が、台東区にある浅草。
その中で参拝客の多い寺が浅草の観音様。
まさにこの頃、浅草寺詣でに行った。
珍しく行く都内浅草詣で。
一段と、自分自身の目でちゃんと直視し分かったのは、日本人じゃない旅行客が多いという事実。
色々な国から観光客が集まってくるここ浅草、少し以前より明らかに多くなっている。
そもそも、世界一の電波塔である、スカイツリー完成の影響もあると思う。
近隣からは、羽田ハブ化によって便利になったという事から、それと、ヨーロッパ方面や欧米からは、着物や和装小物に魅せられて来る観光客が多いと思う。
ともあれ、これからの未来も多くの外国人観光客がやってくるということを想像させられた。
この国の良さをみつけぜひ楽しんで心に残る記念にして欲しい。
私は、仲見世通りをじゅうぶん観光することができた。
お土産として有名な人形焼と雷おこしなどをたくさん購入して、櫛やかんざしも観賞させてもらった。
宝蔵門を通過すると、立派な本堂が見えてくる。
この屋根瓦はチタン瓦を使って、改修工事を行ったという。
本堂の秘仏の観音様に旅の無事と平和を祈り手を合わせた
今の努力が、この先実るといいなと。

具合悪そうに自転車をこぐ弟と壊れた自動販売機
娘の3歳の誕生日が近づいているので、誕生日プレゼントをどういったものにするかを考えている。
妻と話し合って、体で遊ぶアスレチック系かためになるおもちゃか洋服などにするかを決定しようとしている。
迷ってなかなか決まらないので、ものを見て選ぶことにしたけど、がつんとくるものがなかった。
しかし、子供に遊ばせてみたら、以外とすぐに決めることができた。
トンネルの遊具に一生懸命になったから、それに決めた。
ただ、私たちの家が窮屈なので、小さめの折りたたみ可能なやつに決めた。
値段もなかなかリーズナブルだったので、助かった。

陽の見えない週末の早朝にひっそりと

村上春樹の文庫本が好きだと、周りの人々の評判を知って、初めて読んだのがノルウェイの森。
ノルウェイの森は、海外でも多くの人に読まれ、松山ケンイチさん主演での映画も公開された。
村上春樹のストーリーは、話の展開が早く、どんどん読めてしまうところが良いと思う。
直子と緑との2人の女性の間でゆれる、主役のワタナベは、いかにも生と死の間でゆれているようだ。
その骨組みを取って読んでも緑も直子も素敵だと思う。
そして、キズキや永沢さんやレイコさんという個性が加わる。
全員魅力があり一風変わっていて陰の部分を持ちあわせている。
もう何年も前に読んだ本だが読みたいかも!と思い、ページをめくったことが何度もある作品。
主人公のワタナベは直子に、お願いをふたつ聞いてほしいと頼まれみっつ聞くと答える。
さすが村上春樹と思ったシーン。
それで、直子がうらやましいと思った。

暑い休日の夕暮れは椅子に座る
このライカの一眼レフは、昨日、浜で拾ってしまった。
その日、7月のちょうど真ん中で、ちょうど真ん中で、いつもと比較して暑い日だった。
パルコで買い物中、恋人と大喧嘩してしまい、今日は口を利きたくないと言われたのだ。
それで深夜、実家からここまでスクーターでやってきて、海岸を歩いていた。
その時、少し砂をかぶったこの一眼レフに出会った。
持ち帰って、興味を持ってさまざまなフォトを撮ってみた。
一眼レフの落とし主より、いいかんじに撮れているかもしれないと思った。
彼女の笑った瞬間撮れたらなー、とか、なかなかピント調節ってめんどくさいなー、とか感じていた。
明日、どうにかして会ってくれるなら、恋人に僕が悪かったと謝るつもりだ。
そしたら、この一眼、落とし主に届けよう。

気どりながら跳ねるあの子と冷たい肉まん

友達の知佳子の彼であるSさんの働く物産会社で、定期的に和歌山の梅干しを購入している。
飲むと電話をくれるSさんの可愛い社内SEのEくんは、ほとんどトークがかみ合わない。
ノンアルコールの時のE君は、非常に照れ屋らしくそう多くは話さない。
したがって、一度もEくんとは満足いくくらいトークをしたことがない。

気持ち良さそうに泳ぐ子供と俺
ビールなど、酒のおともに、ヘルシーで健康に良い食材を!と思っている。
しばらくのおつまみはトマト。
それ以前はサンマ。
で、近頃は、明太子だけれど、お金がかさむので断念。
昨日、新たなおつまみを考案した。
だいたい100円しないくらいのエリンギ。
細かく刻んで、ごま油で炒めて、味の素と醤油を少々ふりかけて整えたもの。
非常に値段は低いし、KCALも低い気がしませんか。

薄暗い木曜の夜明けは読書を

どういう訳か、不安な精神に陥ってしまい、何も苦しくなった。
これといった理由はないけれど、ふとした拍子に悲しくなったり、現在までの出来事が無駄に思えたりした。
そんな中、外での仕事が入った。
しかも有名な野外の催し物で大手の案件だった。
精神状態を理由にしては良いとは言えないので自分を忘れてしっかりこなしているうちに、普段の明るい気分戻ってきた。
思い返せば不安定なとき、外出して陽の光を求めたりしなかった。
夜型にならないで活動するのも良い事かもしれないと思った。

雨が降る祝日の晩に椅子に座る
家の前でハンモックに揺られ、気持ちの良いそよ風に吹かれるのを楽しむ、休日の夕方の事。
頭上には少し気の早い月が瞬いていた。少年は、うちのネコが「ギャオォッ!」と吠える声に驚き、ハンモックから下に落下してしまった。
よく見てみると、ネコはヘビに向かって、いつでも飛びかかれる姿勢で興奮しながらも威嚇していた。
蛇はあまり大きいものではなく、毒も持っていなさそうだったので、少年はそばに落ちていた棒を振って追い返し、猫を抱いてまたハンモックに横になった。少年は、猫の背中を撫ぜてやりつつ胸の上で寝かせ、気持ちいい風に身をまかせた。

雨が上がった土曜の朝はビールを

プレゼントとして親友から貰った香水瓶は、かなり強いフローラルの匂いがする。
ぴったりの香水を頭に置いて選んでくれた物で、大きくなくてリボンがついていてお洒落だ。
香りの雰囲気も香水ボトルもどんなに大げさに言っても派手とは言い難い商品だ。
香水ストアにはたくさんの商品が置かれていたが、ひっそりと置いてあったもの。
サイズはほんとに小さい。
上品で気に入っている。
出かける時だけでなく、外へ仕事に出るときもバッグの中に、家での仕事のときもそばに置いている。
だから、カバンは、どれもこの匂い。
だいたいつけているので、つけていないときは、今日あの香りしないと言われる場合もたまにある。
香水ストアにてさまざまな香りを試すのも好きなことだけど、この匂いは今までで最も気に入ったものだ。

具合悪そうに口笛を吹くあの人と私
夜、寝付けないことがあれば、新作映画をゆっくり見る習慣がある。
昨日の夜選んだ映画は、「エスター」という米国の映画だった。
主要人物、エスターは、しっかりものだけれど少々変わった子ども。
ラストには思いもよらない結末が待っている。
これを見ている真ん中で、結末が理解できる人がいるか疑問なほど意外な真実。
というのは、ビクッとするのではなく、とにかくジトーッとような終わり方だった。
映画は、毎日の私の夜の時間を満足させてくれる。
と言いつつも、だいたいお酒一緒なので、体重が増加するのが怖い。

xn--o9jl383ueidvojzsjcb13wm34b4h6b37l.com
薬剤師の求人・転職先を探している人へ。転職する為の求人や職場の情報、薬剤師の求人探しならココがお勧め。
闇金被害金額回収と司法書士弁護士.com
闇金トラブルに苦しむ人は、いつ終わるか知れない状況に希望が見出せずにいます。闇金トラブルのことなら、コチラで無料相談してみませんか?

PAGE TOP

アナタが考える「息子」と、多くの人が想像する「カレーライス」は、もしかしたらまるっきり違ってるかも。そうやって想像してみると、ちょっぴり変な感じがしない?
Copyright (C) 2015 娘は明日に向かって走る All Rights Reserved.